体制・参加メンバー

実施体制・役割

 全メンバー参加による全体会議を年1回程度開催する。実務の推進は検討テーマに即した部会を設置し、具体的な検討・実施を行う。

フォーラムメンバー(敬称略)
顧問村上 周三一般財団法人建築環境・省エネルギー機構理事長
苅尾 七臣自治医科大学循環器内科主任教授
会長張本 邦雄TOTO株式会社 代表取締役 会長 兼 取締役会議長
副会長深尾 精一首都大学東京名誉教授
学識委員伊香賀俊治慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授
岩前 篤近畿大学建築学部長教授
秋元 孝之芝浦工業大学建築学部建築工学科教授
矢部 智仁ハイアス・アンド・カンパニー株式会社執行役員
参加団体住宅関連事業者団体、企業
オブザーバー国土交通省住宅局
厚生労働省老健局高齢者支援課
経済産業省製造産業局生活製品課住宅産業室
消費者庁消費者安全課
東京都都市整備局
消費者団体
事務局 一般財団法人ベターリビングサステナブル居住研究センター
実施体制
(1) 全体会議

 全フォーラム委員・参加団体等・オブザーバーが出席する。フォーラムの全体統括、普及に向けた取組みの推進、情報の共有等を行う。
※開催は年1回程度とする。2019年度は7/9開催

(2) 企画部会

 全体会議の議論を受け、方針の検討、実務の遂行を行う。また、政策対応・推進に向けた検討、提案を行う。

(3) 調査研究部会

住宅の良好な温熱環境に関する知見の共有・整理および良好な温熱環境を備えた住宅の普及を測るための指標の検討を行う。

【2019年度実施事項】
  • 良好な温熱環境を備えた住宅の普及を測るための指標検討および普及目標の検討
  • WHO住宅ガイドライン、SWH推進事業他、関連する調査研究の情報共有を行う。(必要に応じて「住宅改修における水回りの設計に資する温熱環境暫定水準案」の再評価を行う。)
(4) 普及啓発部会

 一般ユーザー、事業者への普及啓発に向けた取り組みを検討・推進する。

【2019年度実施事項】
  • 一般ユーザー向け啓発ツールの改訂、参加団体における一般向け普及啓発の促進・支援
  • 事業者(工務店、リフォーム事業者、建築士・設計士等)向け健康説明ツールの作成、講習会等の開催支援、効果的な普及促進策の検討を行う。